Biography 2000~2009

Biography 2000~2009

2000年 : 53歳

1月17日
3種類を用意したシングル「Survive」がリリースとなる。
2月28日
”Brit Awards 2000”の男性ヴォーカリスト部門にノミネートされる。
3月10日
TVドラマ『Hunger』の第1話に出演。このシリーズではストーリーテラー役として出演した。03年に『ハンガー・プレミアム』としてDVDもリリースされている。
6月16日~19日
bowieNet会員向けのライヴ・イベントがNYローズランドで3日間行われる(2日目は体調悪化のためキャンセル)。
6月25日
約30年ぶりにグラストンベリー・フェスティバルに出演。メイン・ステージのラストを飾る。
6月27日
BBCラジオ・シアターでライヴを行う。この映像が後日TV放送、音源はオフィシャル・リリースされた。
6月
ボウイの全キャリアをまとめた写真集『Bowie Style』発売。2003年には日本語版も刊行される。
7月17日
シングル「Seven」が3種類同時発売。ベックによるリミックスも収録されている。
7月24日
“Yahoo Internet Music Awards”授賞式に出演。マイク・ガーソンのピアノで2曲を披露。
8月15日
イマンとの間に愛娘レクシー(アレキサンドリア・ザーラ・ジョーンズ)が誕生する。
8月29日~9月16日
ボウイと彼の音楽をモチーフにした演劇”From Ibiza To The Norfork Broads”が上演。タイニー・ダイナマイトという演劇グループによるもので、過食症で療養中の若者マーティンがファンを通り越してボウイ自身と錯覚す るまでになるが、家族やボウイの音楽が救いとなって成長していくというストーリー。
9月25日
60~70年代のBBC出演時音源を2枚組にまとめた『Bowie At The Beeb』を発表。初回限定盤には同年6月のBBCライヴを収録したディスクが付属した。
9月
bowieNet会員の入会特典として、ライヴ・テイクやリミックスを収録した『Live And Well.com』なるコンピレーション2CDが配送される。
10月9日
ボウイ出演の映画『Mr Rice’s Secret』(日本未公開)のプレミア上映がイギリスで行われる。
10月21日
“VH-1 VOGUE Fashion Awards”にプレゼンターとして出演。
10月
次作『Toy』を制作中で初期の曲をセルフカヴァーするとの噂が広まる、実際にレコーディングも行われ、この時の音源は一部後のシングルなどに収録されるが、アルバム自体は諸事情により現在もお蔵入りのまま。

2001年 : 54歳

2月26日
NYカーネギー・ホールで行われた”Tibet House Benefit Concert”に出演。
4月2日
母ペギーが享年88歳で死去。
5月14日
映画『ムーラン・ルージュ』に楽曲提供。劇中ボウイの曲がメドレーに使用された。
5月28日
ザ・フーのトリビュート・アルバム『Substitute – The Songs Of The Who』に参加。
7月23日
インストルメンタルを集めたコンピレーション『All Saints』を発表。これは1993年にボウイが家族や親しい友人にクリスマスに贈ったCDがオフィシャル化されたもの。
9月19日
未CD化だったサントラ『Christiane F』がEMIよりリリースされる。
10月20日
NY同時多発テロ事件のチャリティー・イベント”Concert For New York City”に出演。
12月15日
ボウイが独自レーベルISOを設立した上でVirginレコードを離れ、Sony傘下のColumbiaと新たに契約を交わしたと報道される。

2002年 : 55歳

2月22日
恒例の”Tibet House Benefit Concert”に出演。
6月3日
先行シングル「Slow Burn」発売。この曲ではギターにピート・タウンゼントが参加している。
6月5日
アルバム『Heathen』を発表。
6月7日~11月1日
NYとLAでボウイの展覧会”Sound + Vision”が開催される。
6月11日
NYローズランドでのbowieNetイベント・ライヴが開催。
6月15日
アメリカのTV番組”Live By Request”に出演。電話リクエストに答える形式でスタジオ・ライヴが撮影される。
6月
最新アルバムをひっさげて”Heathen”ツアーが開始となる。合間に”Area2 Festival”をはさむ形で欧州やアメリカ、NYで公演を敢行。ツアーは10月下旬まで続いた。
古川貴之による訳詞集『スピード・オヴ・ライフ』が刊行される。1980年までのほぼ全曲を詳細な脚注を加えて網羅している。
7月10日
ジギー30周年を記念したリマスター盤2CD『Ziggy Stardust 30th Anniversary Edition』が限定発売。出荷時に不良が発覚し、回収騒動が起こる。
9月16日
シングル「Everyone Says ‘Hi’」発売。このシングルも収録曲の異なる3種類がリリースされた。
9月30日
“36th Montreux Jazz Festival”が国内放送される。ボウイは「”Heroes”」のみの出演。
9月
ベン・ステイラー主演・監督の映画『ズーランダー』に出演。
10月21日
世界各国20種以上のヴァージョンが用意された『Best Of Bowie』がリリース。国内盤は1CDだが、他の国のヴァージョンによっては2CDも存在する。
11月4日
CD版に続き、『Best Of Bowie』のDVDが発売。47曲を収録したDVDの映像アンソロジー。インタヴューやテイク違いの映像が隠しトラックとして用意されている。
12月
ボウイを長年撮影してきたカメラマン、ミック・ロックの豪華写真集”Moonage Daydream”が発売。350部のデラックス版はサイン付きということもあり数万円という豪華さ。

2003年 : 56歳

1月24日
ルー・リードのアルバム『Raven』発売。ボウイが参加した「Hop Flog」も収録している。
2月28日
今年も”Tibet House Benefit Concert”に出演。レイ・デイヴィスと「Waterloo Sunset」をデュエットする場面も。
3月24日
ジギー30周年を記念してライヴ盤とDVD『Ziggy Stardust』が発売。1983年リリース時には「The Motion Picture」とあったが、今回はその表記なし。音源は2枚組となり追加部分が多数、映像はより鮮明にリマスターされている。限定でアナログ盤もリリー スされた。
4月21日
WarChildプロジェクトのオムニバス『Hope』がリリース。「Everyone Says ‘Hi’」のリミックスを提供している。
4月28日
ジギー30周年にあわせて『Aladdin Sane 30th Anniversary Edition』も限定2CDで発表される。
6月24日
映画『チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル』のサントラに「Rebel Rebel」の新録ヴァージョンが収録される。
6月31日
David Guettaによる「”Heroes”」のリミックス・シングル「Just For One Day (Heroes)」がリリースとなる。
7月18日~8月24日
東京恵比寿にてミック・ロックの写真展”Rock’n Roll Eye”が開催される。会期中ミック・ロック本人も来日した。
7月21日
リミックスやレアバージョンを収録したCD2枚組に当時発売された映像のDVDを加えた3枚組の『Black Tie White Noise Special Edition』が10周年を記念して発売される。
8月19日
NYのポキプシーでbowieNet会員を招待して、次回ワールド・ツアーのためのウォームアップ・ライヴを敢行。
9月8日
Live By Satelliteと称して26ヶ国・86ヵ所の会場にコンサートを衛星中継するという画期的なプロモーショナル・イベントが開催される。日本ではソ ニー乃木坂スタジオで開催され、集まったファンは新作『Reality』をいち早く堪能することができた。
9月15日
9.11後のNYをテーマに制作された最新作『Reality』を発表。
9月29日
『Reality』からのシングルカット第1弾「New Killer Star」がリリース。DVD仕様でプロモーションビデオも収録された。
同日、スーパーオーディオCD(SACD)規格の『Ziggy Stardust』と『Scary Monsters』、『Let’s Dance』の3枚が発売。『Ziggy Stardust』のみケン・スコットによる5.1chサラウンドのミックスが施されている。
10月7日
デンマークのコペンハーゲンより”A Reality Tour”と題したワールド・ツアーが開始される。心臓手術で余儀なくツアーを中止する2004年6月まで欧州→北米→オーストラリア→アジア→北米→欧州と世界を巡った。
10月
2002年10月のNYCマラソン・ライヴ(NYで行った数回のライヴ・ツアー)に同行したカメラマンMyriam Santos-Kaydaによる写真集『Live In New York』が刊行される。これは約10年ぶりの写真集となる。
11月17日
リミックス・バージョンを集めたコンピレーション『Club Bowie: Rare & Unreleased 12″ Mixes』が発売となる。
同日、新作にLive By Satelliteのライヴ映像を収めたDVDを同梱した『Reality : Tour Edition』が発売となる。通常アルバムが白地のジャケットがこの盤ではシルヴァーに変更されている。
12月2日
1989年米Rykoから発売されたボックスセット『Sound + Vsision』の新装版が発売。80年代以降の楽曲もフォローする4CDと豪華なポスターやブックレットで構成されている。
12月6日
ニュージャージー州アトランティックシティーからはじまる北米ツアーが、ボウイがインフルエンザにかかってしまったため順延に。5回の公演をキャンセルし、同月13日のカナダ、モントリオールよりスタートする。

2004年 : 57歳

1月31日
シンコー出版のムック本『アーカイヴ・シリーズ デヴィッド・ボウイ』が発売。過去のミュージック・ライフ掲載記事や関係者のインタヴュー、ディスコグラフィーや詳細データなど、近年企画されることのなかった丸ごとボウイの1冊。
2月25日
『Reality』からの第2弾シングル「Never Get Old」が日本でのみ発売。
3月8、9日
約8年ぶりの来日公演を東京・武道館、11日には大阪公演にて。待ちわびた日本のファンに見事なステージを届ける。
3月
海外で放送され、話題を呼んだボウイと歴代キャラクター主演のVittelのCMが来日にあわせ国内でも放送される。
5月6日
この日予定されていたマイアミ公演がステージ設営スタッフの不慮の事故死によりキャンセルとなる。
6月15日
30周年記念盤の第3弾『Diamond Dogs 30th Anniversary Edition』が発売となる。今回も特典ディスクにレア音源が収録されている。
6月18日
ノルウェーのオスロ公演中に客席から飛んできたロリポップ・キャンディの棒が左目に突き刺さるというアクシデントが起こる。大事にいたらなかったものの、以降サングラスをかけてステージに立つ日が続く。
6月25日
ドイツのシェセルでのコンサートを終えた後に近くの病院に緊急入院、動脈閉塞のための心臓手術を受ける。23日のプラハ公演も肩の痛みを訴え ショウを中止していた。後のツアーの日程はすべてキャンセル、その後の1年間は療養期間としてメディアもシャットアウトする。
10月19日
2003年11月のダブリン公演を収録したDVD『A Reality Tour』発売。全米だけで10万枚の売り上げを記録する。
10月31日
フォトグラファーPhilippe Auliacによるシン・ホワイト・デューク時代のボウイの写真集『Passenger』がイタリアにて発売となる。

2005年 : 58歳

2月2日
長らく廃盤で未DVD化だった『Love You Till Tuesday』が発売。映像特典として貴重な1970年のケンプと共演したマイム劇『The Looking Glass Murder』を収録している。
2月8日
北米の一部地域で試験販売された『Reality : Dual Disc』が一般発売。デュアルディスクは片面がCD、もう片面がDVDという新規格のディスク。5.1chサラウンド録音されたアルバムとプロモーションビデオとインタビューで構成した映像「Reality EPK」なども収録。
4月18日
廉価のコンピレーション『The Collection』が発売となる。
7月20日
発売の映画『ステルス』のサントラにDavid Bowie and BT名義の新曲「(She Can)Do That」が収録される。
7月22日
こちらも長らく廃盤だった『ジャスト・ア・ジゴロ』がDVDとなってリリースされる。
8月24日
幻のメイキング映像を収録して『ラビリンス 魔王の迷宮』もDVD化。当時映画館に足を運んだ世代からも注目を集める。
9月8日
NYカーネギーホールで行われたFashion Rocks 2005に出演。心臓手術以来はじめてとなるステージで「Life On Mars?」とアーケイド・ファイアと共演して「Five Years」や「Wake Up」を熱演。
9月14日
アーケイド・ファイアのコンサートに飛び入り出演し「Queen Bitch」を披露。
11月14日
発売延期となっていたDVDオーディオ規格の『David Live』と『Stage』が発売となる。

2006年 : 59歳

6月
シド・バレット追悼のため、ロンドンで行なわれたデイヴ・ギルモアの公演に出演し「Arnold Layne」と「Comfortably Numb」を共演。後にDVDやシングルとしても発売される。
リッキー・ジャーヴェイスのコメディTV番組『Extras』に本人役で出演。ピアノを弾きながら歌うシーンが観られる。
10月20日
天才科学者ニコラ・テスラ役で出演した映画『プレステージ』がアメリカで公開。監督はクリストファー・ノーラン。ヒュー・ジャックマンらと共演している。
10月31日
ロンドン・フィルム・フェスティバルで上映されたスコット・ウォーカーのドキュメンタリー映画『30世紀の男(原題:30th Century Man)』が上映される。スコットに多大な影響を受けたボウイは製作総指揮にクレジット、出演も果たしている。10年1月に国内盤DVDも発売となった。
11月
“Keep a Child Alive”基金の音楽イベントBlack Ballに出演し、3曲を披露。「Changes」ではアリシア・キーズと共演。
北欧の携帯電話端末メーカーNokiaが世界各地のCDショップと協力して設立するデジタル音楽配信サイト”Music Recommenders”のホスト役にボウイが就任。プロモーション映像に出演したり自身のお気に入りの楽曲やアーティストを紹介するなどサイトの看板となる。
12月13日
声優として出演したリュック・ベッソン監督の実写と3Dアニメで構成されたファンタジー映画『アーサーとミニモイの不思議な国』がフランスで公開となる。ボウイは魔王のマルタザール役をつとめた。

2007年 : 60歳

1月10日
待望されていたボウイ旧譜の紙ジャケット・シリーズがEMIとSonyから発売。海外のハードコレクターからも注目を集める。
5月1日
盟友ジェフ・マコーマックがツアー同行時に撮り下ろした写真を集めた写真集『From Station to Station: Travels with Bowie 1973 – 1976』が豪華写真集の版元として有名なGenesis Publicationsより限定数で発売。1973年日本からロシアへ渡る際の写真や『地球に落ちてきた男』当時の写真が多数収録されている。
5月
NYの高架鉄道の廃線を活用した公園で開催されたハイライン・フェスティバルのキュレーターを務める。参加アーティストの選定や出演交渉などに取り組む。
bowieNetがインターネットのアカデミー賞とも称される第11回Webby賞でLifetime Achievementを受賞。
7月9日
ライヴCD2枚組をセットにしたライヴDVD『Glass Spider』発売。DVDは豪州公演、CDはモントリオール公演のFM放送音源より。
7月23日
オリジナル・アルバムに数えられるものの長らく廃盤だった『The Buddha of Suburbia』がEMIより新装リリース(ジャケット写真がカラーに)される。
9月
白人学生に暴行を加えた事件に対し容疑で告発されている黒人学生のために1万ドルを寄付し、さらに声明文を発表する。
11月21日
ボウイの映像作品も手がけたジュリアン・テンプルの監督によるグラストンベリー・フェスティバルのドキュメンタリーDVD『グラストンベリー』が発売。ボウイの2000年のステージも収録されている。

2008年 : 61歳

5月7日
『Live Santa Monica ’72』がEMIより公式音源として発売される。限定でアナログ盤もリリース。
スカーレット・ヨハンソンのアルバム『Anywhere I Lay My Head』収録の2曲にバックヴォーカルでゲスト参加。
6月29日
ボウイ自身の選曲による編集盤『iSELECT』リリース。これは先行した英国新聞の企画が下敷きとなっている。
7月11日
アメリカで『ライフ・ドア~黄昏のウォール街(原題:August)』が公開。ボウイは財界のフィクサー、サイラス・オギルビー役で出演。

2009年 : 62歳

1月23日
息子であるダンカン・ジョーンズの本格映画デビュー作『月に囚われた男(原題:Moon)』が米サンダンス・フィルム・フェスティバルにて上映され、父親ボウイも駆けつけた。2010年4月10日に日本でも劇場公開となる。
7月
1999年に出演した『VH1 Storytellers』がCD+DVDのセットでEMIより公式にリリース。輸入盤のみだがDVDには日本語字幕も表示され、曲間のMCも楽しめる仕様となっている。
8月31日
発売40周年を記念した『Space Oddity 40th Anniversary Edition』が2枚組豪華パッケージで発売。未発表音源も多数収録。
9月
eBayオークションに『Young Americans』セッション時のオープン・リールが出品され話題となる。未発表曲やデモ音源などが収録されており、ボウイの代理人とも噂される入札者によって高額で落札された。
10月28日
EMIの旧譜カタログが高音質素材を採用したSHM-CDの紙ジャケット・シリーズとして再発。リマスターなし、ほぼ前回と同様のパッケージでの再発に非難の声も上がる。2007年同様3回に分けてのリリースとなる。