オリジナル・アルバム

デヴィッド・ボウイのオリジナル・アルバムの数え方はいくつかある。カヴァー・アルバム『Pinups』やティン・マシーンの2作、全曲描き下ろしとはいえサウンドトラックといった位置付けの『The Buddha Of Suburbia』。これらを含む含まないでその枚数は異なる。『Pinups』を含めるなら『The Buddha Of Suburbia』までも含めてしまおう、というわけで、ここではデビュー作から遺作『★』まで、スタジオ・アルバムは全28枚とカウントする。最初期はDeram、Philips、Mercuryなどのレーベルからのリリース、71年から80年にかけてはRCAの独占供給、80年代以降現在までEMIやBMG、VirginやColumbiaなど度々移籍を繰り返す。

Latest Post