バイオグラフィー

デヴィッド・ボウイはカメレオンのように音楽性を変化させていくことを常套手段としたアーティストと事あるごとに評される。しかし、そのような評価はあまりにも表面的であり、70年代RCA在籍時の全盛期にせよ内在する音楽的傾向を顕在化することは、ボウイにとっていつの時代もテクニカルなスキルのひとつでしかなかった。その事実はいまこの時代にこそ語られるべきではないだろうか。

表示できる投稿はありません

Latest Post